現代日本に必要不可欠なEMC試験!その種類と特徴を知ろう

EMC試験ってどうして重要なの?

現代社会は非常に沢山の電子機器に囲まれていますが、それらが無ければもはや生活が成り立たないと言っても過言ではありません。電子機器は、どうしてもノイズを発生するものですが、それが強すぎると他の電子機器に悪影響を与えて誤動作を招いてしまいます。また、ノイズをあまり発生せずともノイズに弱すぎても問題です。いずれの要素も、その電子機器が世の中に出せるかどうかを問う上で非常に重要ですが、それを調べるのがEMC試験です。

EMC試験におけるエミッションテスト

EMC試験において、その電子機器がどれくらいのノイズを発生し、定められた基準以内に収まっているかどうか調べることを、エミッションテストと呼びます。合格基準は電子機器によって異なり、また測定方法も違います。一口にノイズと言っても、待機中を伝播するタイプもあれば、有線を伝うタイプもありますから、正しく測定しないとテストの意味がないというわけです。電子機器が発するノイズの強度に関しては、多くの国が古くから注目していたため、しっかりとした国際基準が出来上がっています。

ノイズ耐性を調べるイミュニティテスト

どれくらいのノイズを発するか調べるエミッションテストに対し、ノイズ耐性を調べるのがイミュニティテストです。ノイズ耐性の重要性が叫ばれるようになったのは近年のことで、まだ国際基準がしっかりと出来上がっておらず、その種類も非常に多岐に渡っているのが特徴なんですよ。たとえば、静電気耐性を調べるテストや、落雷に似た状況下における影響を調べるテスト、ピストル状の装置から強力な電波をぶつけるテストなどがあります。ノイズ耐性の重要性は今後ますます高まるばかりですから、規格統一が望まれます。

一定水準以上の妨害電波を発生しているかどうかという点と、妨害電波に強いかどうかを調べるのがEMC試験試験です。現代社会においては電子機器の誤動作が人命に関わることがあるため、本試験は重要な存在です。

  • |