目にも優しいLED照明!?身の回りにはLEDを使っているものが多いのです

信号機もLEDが使われている?

LEDは消費電力が小さいので電気代の節約に繋がると言われています。白熱球や蛍光灯と比較した場合、寿命が長いので交換頻度が少なくなるなどのメリット、目に優しいので勉強する時やリビングの照明にも最適など、LEDを使う人も多くなっていますよね。

所で、車を運転している人は交通ルールを守り、信号が赤の時は止まり、青になったら左右等を確認してからスタートを心掛けているかと思われますが、信号機にもLEDが使われています。

LEDは太陽の光がある時でも、青色や黄色、赤色の判別がしやすい、見やすいなどの理由から信号機に採用されているわけです。

さらに、住居内の照明器具と同じく消費電力が小さいので電気の節約効果、従来の信号機よりも寿命が長くなるため、メンテナンスの工数が削減出来るメリットを持ちます。

夜道を安全に歩くことが出来る街灯にも

夕刻になると街灯は一斉に点灯を初め、道を照らしてくれるので足元が安全な状態で夜道を歩く事が出来ますよね。

街灯は、従来では白熱灯や蛍光灯が主流であり、蛍光灯が登場する以前は白熱灯の上に丸い形の傘が付いていて、電柱の前にある家の人がスイッチを入れて点灯、朝になったらスイッチをオフするなどの時代もありました。

白熱灯から蛍光灯に代わり、現代ではLED照明を使った街灯が一般的になっています。

電気代が安くなる、交換頻度が少なくなるので、街灯が切れているかどうかの調査やメンテナンスなどの工数を削減出来るようになったわけです。

また、蛍光灯と比較すると、広範囲を照らす事が出来るので、従来よりも夜道は明るく、より安全な状態になっています。

LEDライトパネルは店頭の看板と有効活用が出来るので、目立つ位置に設置すればお客様を獲得する事につながるでしょう。

  • |