災害や事故に備える!企業が行うべきBCP対策とは

BCP対策の内容とは

BCPとはBusiness continuity planのことであり、災害や事故などのトラブルに企業があった時にどのようにして事業を継続していくかということを決めた計画のことを指します。企業にとってどの分野が最も重要性が高く利益を生んでいるかということを把握しておくことによって、危機的状態であっても事業を継続することによって災害や事故が発生する前の状態にまで復帰する手段をまとめておくことが重要です。BCPを定めておくことは法制化されているわけではありませんが、日本はそもそも災害が多い国なので万が一のことを考えてBCPを定めておくことは必要なことです。危機的な状況においては事業を行っていくうえで必要な燃料や材料となる物資が入手困難になることが予想されるため、代替ルートを確保しておく必要があります。どちらにせよ、普段からもしものことを考えてプランを練っておくということがポイントです。

なぜBCP対策が求められているのか

BCPがなくとも、企業内のメンバーが一致団結することによって困難を乗り切ることが考えている方もいます。しかし、災害や事故などの危機的状態においては平常時には考えることのできないようなトラブルが起きるということを念頭において行動する必要があるのです。自然災害に伴って人的なトラブルが起こりやすい状況に陥ることがあります。事業を継続できなかった場合にはライバル企業にシェアを奪われてしまう可能性があるかもしれません。切迫した事態においてもBCPを策定しておくことで余計な混乱を防ぐことができるのです。

BCP対策とは、被災後に速やかに事業を復旧させるための対策のことです。いまや大企業だけでなく、中小企業もその策定が急務となっています。

  • |