スマホ開発に役立つ!?リバブレーションチャンバーについて

リバブレーションチャンバーってどういうもの?

リバブレーションチャンバーはスウェーデン発祥の装置で、反射反響環境を調べるために作られました。スマートフォンなどに内蔵されている小型アンテナの機能を正確に測定するためには、リバブレーションチャンバーを活用しなければなりません。リバブレーションチャンバーを、スマートフォンに使われている無線機用テスターと一緒に使用することによって無線アンテナの性能を確認します。高性能なスマートフォンを生み出すために、リバブレーションチャンバーは必要不可欠な機械といえるでしょう。

日々進化するリバブレーションチャンバー

リバブレーションチャンバーは近年小型化しています。以前は高価で大掛かりな機械で、中小企業などは手が出せませんでした。しかし最近は高性能かつ小型のリバブレーションチャンバーが普及し始め、また製造コストが下がったことにより以前よりも安く購入できるようになりました。また、リバブレーションチャンバーは反射反響環境を作るだけではなく、無線端末の総等方向性受信感度(TIS)やスループット、マルチアンテナの相関係数、さらに総放射電力(TRP)など様々な項目を検査することが可能なのです。このように、リバブレーションチャンバーであらゆる検査を行うことが可能なので、測定時間を大幅に短縮することができます。スマートフォンだけではなく、あらゆる製品の開発に役立つ優れた装置なのです。現代の無線技術は日々進化し、無線端末も様々な種類が開発されているので、効率的に検査できるリバブレーションチャンバーは今後ますます注目されていくでしょう。

リバブレーションチャンバーとは、スマホ開発などで使用される、無線アンテナの性能評価をする際に用いられるシステムです。

  • |