ネームタグ(名札)いろいろ種類や用途について!

ネームタグを着けることによるメリット

ネームタグとは、名札のことです。名前を書き、持ち物に着けることによって持ち主を知らせるためのアイテムです。子供が学校用品につけたり、会社で自分の使うものに付けるといった用途があります。

学校なら、ランドセルなどはパッと見誰の物かわからないことがあります。ネームタグを着けることによってすぐに自分の鞄と他人の鞄を見分けることができます。また、どこかに忘れてしまった場合も届けてもらいやすくなります。

会社員がスーツケースに着ける場合でも同じメリットがあります。

置き引きに遭ってしまったときも、相手にすっとぼけられずに自分のものだとスムーズに証明することが可能です。

ネームタグの用途について

ネームタグは、白い紙とそれをはめるプレート、プレートをひっかける金具によって構成されています。紙に名前や所属、連絡先といった必要な情報を書き加え、プレートに挟みます。そしてプレートを金具でカバンなどに着けて使用します。プレート部分はプラスチック製のものや、革製のものがあります。子供用のものはかわいらしいキャラクターが描かれているものもあります。

また、ネームタグにはペットに着けるためのものもあります。犬や猫が迷子になったときにわかるようにするためのものです。首輪に邪魔にならない程度のタグが付属していて、そこにペットの名前や、連絡先を書くというものです。

ネームタグを着けることによって、落とし物や迷ったペットが帰ってくる可能性がぐんと高くなります。

かばんや絵本袋、上靴入れなど入園グッズの中には直接名前を書きたくはないけれど名前を書かなければいけないものがたくさんあります。オリジナルのネームタグを使えばかわいく自分だけの入園グッズを作れます。

  • |