これから家を建てる人必見!住宅建築において注意点とは?

家を建てる際の注意点その一!お金に関して

家を建てる際は、基本的に大金が必要です。

その大金は大体の人がローンを借りるでしょう。

しかし、ローンを借りるということは返済をしなければなりません。

その返済する額というのは、今住んでいるマンションやアパートよりも低い額が理想的です。何故なら、ローンを返済する期間というのは30年以上が一般的で、それに加えて、生きている以上は生活費が必ずかかってくるからです。

生活費を簡単に分析すると、毎月の食費約3万円、水道光熱費約1万5千円、雑費がティッシュペーパーなどの生活雑費に携帯電話のみの通信費と交通費を合わせて、全部で約2万5千円程度でしょうか。最低でもこれぐらいはかかるでしょう。決して低くはない金額です。

なので、この生活費をしっかりと頭に入れて、自分の収入で支払えるローン返済額を設計して、その範囲内で家を建てることが大切です。

その二!土地に関しての注意点

これから土地を買う人に限定します。

基本的に土地を買って家を建てたら、ほとんどの人がその場所で人生の長い間過ごすので、家を建てる際の土地購入は、よくよく検討しなければいけません。

そこで、土地を買う場合には、色々な点を考慮して、買うかどうかの判断をしなければいけません。

考慮点は、日当たり、通勤、学校、買い物、そして一番は、自分がその場所で長く住めるように気に入れるかどうかです。これらの考慮点を元に、土地を買うかどうかの判断をしなければいけません。

土地を買うというのは少し難しいことです。

ですが、土地を買うのも人生でほとんどないことなので、妥協をしないでいきましょう。

住宅のフランチャイズの現状を把握するうえで、大手の住宅メーカーが取り扱っている物件のデザイン性や耐久性などに着目をしましょう。

  • |