今年こそ目標達成!ビジネス英語の習得方法

チャレンジしてみたいこと上位はやっぱりコレ

「今年こそ英語を身につけるぞ」と意気込む人も多いでしょう。社会人に「やってみたいこと」を聞いてみると、多くの人が「英語をスキルアップさせたい」と回答します。もし英語が使えたら、ビジネスの幅が広がってやりたいことをやれるチャンスが掴めるかもしれません。忙しいビジネスマンがどのように英語を身に着けていけばよいか、まとめてみました。

まずは単語を覚えることから

「中学や高校で英語を習ってきたものの全然実用的なレベルに達していない」と悩んでいませんか。実は中学や高校で習うレベルの英語はネイティブから見れば入門レベルと言ったところです。英語を一番勉強する時期の高校生が英字新聞を読んでみても、さっぱり何が書いてあるのか分からないことがしばしばです。なぜなら、単語のレベルが足りていないのです。高校までに習う英単語は多くて8000語程度です。英字新聞だと10000語は知っている必要があります。まずは語彙力を増やして、ネイティブレベルが日常的に使う言葉を覚えていきましょう。

勉強だけでなく慣れも必要

仕事の関係で海外の部署と電話会議をする機会があるかもしれません。そんなシーンで通訳なしに言いたいことを言えたら格好いいですよね。しかしながら、言いたいことをうまく英語にできないと悩む人は多いでしょう。フレーズ集を使い、言いたいことを直接表す言葉を覚えてしまうのも一つの方法です。会議での発言については場数を踏んでいけばどういうシーンでどう言えばよいかパターンが見えてくるはずです。勉強だけでなく慣れが必要な項目なのです。

ビジネス英語を学んでおくことで、仕事の幅が広がりスキルアップすることができるのでチャンスを掴みやすくなります。

  • |