酸洗いとは何?わざわざ作業するメリットが知りたい!

製品を酸洗いをする目的とは?

酸洗いは酸洗処理とも言われており、酸を使って金属を洗浄していくことを指しています。金属製品を酸性溶液に浸して、製品の表面に付着しているスケールと呼ばれる酸化皮膜を除去していく作業です。酸洗いをする目的は、素材の表面の酸化皮膜層を取り除くことです。その処理をすることで、後に行う研磨作業の手間を大幅に省くことができるのです。

酸洗いは重要な工程の一つ!

例えば、金属製品にメッキ加工をする際には必ず酸洗いを行っています。その工程をしなければサビなどによる製品不良が発生しますので、酸洗いは必須の工程になっています。

金属の溶接箇所は腐食しやすく、酸洗いを行うことによって酸化による腐食を防ぐことが可能となります。ですから酸洗いをすることが研磨や鍍金、コーティングなどといった下地処理代わりになっていることもよくあります。また酸洗い後に水洗浄して、そのまま製品とする場合もあります。

扱う金属の種類ごとにそれぞれ酸の種類や混合比が違っていますので、それに従って酸の濃度や洗う時間も細かく設定していきます。それらを正確に設定することで、酸洗いの有効性が発揮されるのです。もしそれが間違っていると、表面の金属が上手く溶けずにガタガタになったりしてしまいます。また反対に製品そのものが、溶けてしまうことも起きかねません。酸洗いは一見簡単な作業に見えるのですが、実は職人芸的な仕事です。酸洗いを行う時には、素材をよく観察しながら丁寧に作業していかなくてはいく必要があります。

酸洗いとは、金属の熱処理や溶接などをしたときに出てくる、焼けや酸化被膜、さびなどを塩酸や硫酸で取り除く作業のことです。

  • |